舞台『トムとディックとハリー』

2020年7月11日~8月5日

宇宙Six 江田剛、山本亮太、原嘉孝が3兄弟を演じる 傑作笑劇(ファルス)!

ある朝。ロンドンに住むトム(江田)は妻と共にソワソワ、興奮と緊張の様子。それもそのはず、念願の養子を迎えるための最終関門、自宅での面接を行う適性審査員が間もなく我が家にやって来るのだ!

とそこに、トムの弟ディック(山本)が外出から帰ってくる。ディックはトムに借りていた車(バン)でフランスから帰国したところで、おみやげに大量のタバコと数箱のブランデーを持ち帰ったとのこと。これが法に触れるとは知らないディックは、売却すれば少しでも養子を迎える足しにできるだろう、とあくまで兄への協力のつもりらしい。余計なごたごたを避けたいトムは、とにかく荷物を全部二階の自分の部屋へ運び込め、とディックに言う。

そこへ末の弟ハリー(原)が訪ねてくる。彼も長兄の養子縁組に協力をしたくて、前々からトムが「持ち家だったら適性の面でプラスになるのに」とこぼしていたことに解答を持ってきた、と宣言する。近所で破格値の不動産情報を見つけて、その理由が庭から殺人事件の死体が見つかったからだと知り、トムの家の庭からも死体が見つかれば大家さんが安く売ってくれるはずだ、という算段。ハリーは病院の雑役夫なので、解剖した後の死体が簡単に持ち出せる、と自信たっぷり。

慌ててトムはハリーを追い返そうとするが、
「じゃあ死体はどうする? もう庭に運んであるけど?」
次から次へと巻き起こる騒動にトムは悪戦苦闘するが、事態はどんどん泥沼化していき・・・。

人のいい長兄トムと愛すべきならず者の次兄ディック、そして天才だが愚鈍なところのある末弟。次から次に巻き起こる騒動に、抱腹絶倒、爆笑の渦!

詳細情報

公演期間 東京:2020年7月11日~7月19日
大阪: 2020年8月5日
劇場 東京:サンシャイン劇場
大阪:サンケイホールブリーゼ
キャスト 江田剛
山本亮太
原嘉孝
能條愛未
市川しんぺー
福本伸一
坂口理恵
筒井俊作
原田樹里
スタッフ 作:レイ&マイケル・クーニ―
翻訳:小田島恒志
演出:中屋敷法仁
ほか
企画制作 パルコ/ナッポス・ユナイテッド/ゴーチ・ブラザーズ/ニベル
公式サイト https://stage.parco.jp/program/tomdickharry

 

NO IMAGE
最新情報をチェックしよう!